うつ病はどこで治療を行う?

治療を受けられる医療機関をチェック

もしかしてうつ病かも・・と感じたとき、いざ病院を受診しようとしてもどの診療科を受ければ良いのか、迷ってしまうこともあるかもしれません。うつ病は精神科や精神神経科という、診療科がある医療機関で治療をするのが一般的です。主に心の病を治療する医療機関で、うつ病の他にも統合失調症や躁うつ病など精神的な部分に症状が現れる疾患の治療を行います。精神科ではなく、メンタルヘルス科としている医療機関も増えてきているようです。また、心療内科でもうつ病の治療を受けられます。ストレスなどによって、頭痛や腹痛、強い動悸など身体に症状が出る場合は、心療内科での治療が向いていると言われています。どちらの診療科でも、薬物療法や精神療法など治療内容は特に変わりません。

医療機関の選び方をチェック

うつ病は精神科や精神神経科、心療内科といった診療科がある医療機関で治療を受けられます。数多くある医療機関の中から1ヶ所だけ病院を選ぶのは、難しいと感じる人が多いのではないでしょうか。うつ病の治療は初診後は処方した薬が合うかどうかを見極めるために、1週間に1回のペースで受診するケースも少なくないようです。うつ病を発症すると身体がだるいなど、身体的にもしんどくなります。無理なく1週間に1回、通える距離に医療機関があるかチェックするのがおすすめです。また、うつ病の状態によっては薬物治療だけでは、なかなか回復しないこともあります。このような場合は精神療法が必要です。臨床心理士がいる医療機関であれば、精神療法も受けられるので治療もスムーズに進むでしょう。